症状を進行させない

Health care

人工透析を利用する方法

腎不全に陥った方が尿毒症になるのを防ぐべく、血液を一度外に出して、ダイアライザーを通して老廃物の除去や過剰な水分を取り除き、体の中に戻すことを人工透析療法と言います。人工透析には血液透析と腹膜透析とありますが、大半の方は血液透析を受けています。人工透析を受けるためには血液の送り出し口や戻し口であるシャントを手首等の静脈や動脈を縫い合わせて、血液量が豊富な太い血管を作る必要があります。シャントが完成すると動脈の血液が静脈に流れ込むため、静脈が膨らんでいきます。シャントが完成後、1、2週間で透析が出来るようになります。それからは人工透析が出来る医療機関に通院し、1回に4、5時間、週に3回の治療を一生涯受けることとなります。

患者に人気がある医療機関

人工透析は実施する医療機関によって治療方針や治療内容が異なります。血液の交換や余分な水分の除去はどこの医療機関でも行うものですが、使用するダイアライザー等の透析機器や水は医療機関の方針によって大きく異なります。また、人工透析は医療的なもの以外にも日頃の栄養管理が重要だとも言われています。透析患者はカリウムやリン等の栄養素が大きく制限されています。適切な栄養管理が透析生活を良いものとするかの分かり目となります。更に、透析患者の大半は運動不足に陥ります。筋力の低下が著名になり、生活がままならなくなる方もいます。適切な運動指導を受けることもより重要となります。透析治療とともに栄養管理、運動指導が充実していることが患者に人気がある医療機関であると言えます。