早期に治療を受ける

Health care

摂食障害の特徴等について

摂食障害とは、食行動に関する疾患の事を言います。一言に摂食障害と言っても、大きく2種類に分類する事が出来ます。 まず一つ目は過食症です。過食症とは体が必要とする量以上に、食物を食べてしまうという症状になります。また、この大量の飲食とセットで、代償行為を行なうという特徴があります。代償行為とは、多量の飲食に対しての代償として行なう行為で、自分の意志での嘔吐や下剤の多量摂取等があります。 二つ目の種類は拒食症です。過食症とは逆に、飲食を極端に拒否するという症状です。体に必要な栄養が不足するので、ひどい場合には命に関わる事もあります。 今のところ、摂食障害の原因は分かっていないです。遺伝子や脳に関する研究等が行なわれいますが、現時点では明確になっていないです。

具体的な治療方法等について

前述したように、摂食障害はひどいと命に関わるケースもあります。そのため、早い段階で治療を開始する事が大切です。 具体的な治療方法としては、心理療法を行なうのが一般的です。摂食障害の原因が明確になっていないので、現時点では効果的な治療方法が見付かっていないです。そのため心理療法を用いる事で、患者の心に働きかけるのです。 代表的な心理療法としては、認知行動療法や行動制限療法等が行なわれます。また、患者本人への治療のみならず、患者の家族に協力してもらって治療を行なう事も少なくないです。なぜなら摂食障害の治療には、家族等の周囲の人達の理解と協力が必要不可欠だからです。 また、心理療法以外にも必要に応じて、向精神薬等の薬を用いる場合もあります。